美容番長がぶった斬ってやろうじゃない!

biyoubantyou

はじめまして、美容番長の虎鉄(コテツ)です。
あ、美容番長って男かよ!!と思った女性のみなさん、すいません。俺は美容大好きな男です。
ただ今は男でも美容を意識してる人が多い時代になってきてます。
例えば洗顔にサボンとか使ってる男性、意外といますよ?というぐらいの時代です。
百貨店とかではワンフロアまるまるメンズコーナーとか増えてきてますよね。
しかもカウンセリングコーナーありの所もあります(苦笑)
あ、ちなみに横のキャラクターは、もし男が女装したら・・をイメージして作りました。

 

このサイトでは

 

しつこいぐらい繰り返しできてしまう顎ニキビ、フェイスラインにできるニキビ

 

そのニキビにお悩みな人が多いと思います。

 

顎ニキビの化粧品といえばご存知メルラインがありますよね。

 

そのメルラインを美容番長の私がぶった斬ろうと思います。

↑メルラインの公式サイトはこちら↑

メルラインの疑問や口コミを斬る!

 

顎ニキビは保湿が大事なのよ!
メルラインは保湿性あるの?どうなの?


 

顎ニキビに悩んだら保湿を考えるのは常識中の常識。
「顎周りにニキビできたー」
「このニキビ全然目立たないようにならない・・」
なんてこと言ってる人に限って保湿を心掛けてない人が多い。
体質の関係で保湿しない方が〜という人もいるけど、基本保湿を考えるのは当たり前。

 

メルラインはオールインワンゲル。
俺の経験ではオールインワンゲルタイプは保湿してくれる。
メルラインは保湿性をウリにしてるような化粧品なので、尚更ですね。

 


 

メルラインは返金保証あるらしいけど、本当に返金できるの?
どーせ、いちゃもんつけて返金できないオチとかないよね?


 

化粧品の返金保証。
たしかにこの返金保証制度が本当に使えるのかどうか疑問に思う人は少なくないはず。
まずメルラインの返金保証は条件があります。
え?条件あるの??それっていちゃもんつけられて返金しません!に繋がるんじゃ?と思いますよね。
そもそも返金保証制度で条件がない製品はほぼないと思ってます。
返金の条件は公式サイトに記載されてます。
見た感じ特に「それって条件厳しすぎるじゃん!返金する気なんて最初からないだろ!」と思うような設定ではなかったです。


 

あごニキビ、フェイスラインニキビを売りにしてるらしいじゃん?
それ以外の部分は使えないの?もしそうならかなり割高になるよね?


 

メルラインは顎ニキビ、フェイスラインにできるニキビケアとして全面に押し出してる感がありますね。
そして他の部分が使えないグッズですと割高になるのは間違いなし。そうなると幾らメルラインが有名でもお金の関係断念せざるえないことに!
・・ところがどっこい!メルラインは顎、フェイスライン以外の所にも使えます!
公式サイトには
あご、フェイスライン以外にも顔全体、背中、デコルテ部分にも使えますと書いてました。
顔全体だけではなく、背中ニキビにも使えるのは良い!


 

付属の小さいヘラ?スプーンを使ってジェルをすくって使わないといけないの?
いちいちそんなの使うの面倒だし不器用だから嫌なんだけど!そこんとこどうなの?


 

たしかにメルラインにはジェルをすくうスプーンみたいのが付属でついてる。
しかし、わざわざそんなのを使わずに指ですくっても問題ないですね。
だって洗顔だって物によってはたまにそういうのが付属されてるやつありますよね?
全員が付属されてるスプーン使って使ってませんよね。どーせ最終的には手を使うわけだし。
ただ指ですくうと容器の外側、蓋についてしまうリスクがあるだけです。これはどの商品でもそうなんですけどね。


 


↑メルラインの公式サイト↑

意外と知らない年齢と肌の関係。

肌は、細胞の死滅と再生を繰り返してターンオーバーを行っています。
正常なターンオーバーが繰り返されて健康な肌が生まれ変わっていても、年齢を重ねるうちに衰えが出てくるのは自然現象です。
つまり老化ということですが、様々な老化現象が肌にも影響を与えます。
顔は人と対面するときにも鏡を見るときにも、一番に目に付きやすい部位です。
そのため、どうしても年齢による肌の衰えを感じてしまうときがあるでしょう。
しかし、努力によって、肌年齢を若返らせることは可能です。
老化を遅らせることができれば、肌も長く若々しさを保っていられるのです。

 

肌内部には、保水機能を持ったコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどが存在します。
これらは美肌商品にも用いられるほどの強力な成分なのですが、残念ながら年を経るうちに減少する一方になります。
そのため、外部から補うことで保水力や弾力をサポートできます。
また、ターンオーバー自体が、年齢を重ねると機能低下してきます。
ターンオーバーの期間がのびてきて、新しい肌が生まれてくるのが遅くなるのです。
古い肌のアカが残ってしまっている状態ですから、ゴワゴワした硬い肌質に感じられます。

 

なるべく血行をよくして新陳代謝を高め、ターンオーバーを正常にすることが大切です。
ただし、ターンオーバーは早すぎても逆効果です。
健康食品や化粧品の力を借りながら、肌本来の機能を取り戻す生活を送ることが、一番のアンチエイジングとなるでしょう。

肌質は遺伝する?ニキビは遺伝はどうなんだ?

肌質には、遺伝的要素が多いのではないかという説があります。
肌は細胞で出来ていますから、親から受け継ぐDNAは無関係ではないはずです。
年をとってきて、肌質の遺伝が目立ってきたのではないかと悩む人も多いようです。
しかし、肌は一定の周期で再生を繰り返しています。
これをターンオーバーといいますが、正常なターンオーバーが繰り返されていれば、肌質は遺伝的要素だけに左右されません。
あきらめないで、健康的なターンオーバーが行われるように肌質を改善していくようにしましょう。

 

例えば、ターンオーバーに深く関わるのは、ホルモンバランスです。
ホルモンバランスなんて、どうしようもないと思っていませんか?
自然に整えられるだけでなく、自分で気を付けて改善していくことが可能なのです。
ホルモンバランスが乱れてくると、肌質だけでなく様々な体調不良に影響がおよびます。
栄養バランスの悪さや睡眠不足、ストレスなどが原因でホルモンバランスが不調になってしまいます。
生活する上で基本的なことですから、規則正しくを心がけることで、肌質を良い方向にしていけるのです。

 

ニキビやシミ、シワなど、肌トラブルが発生すると、真っ先に化粧品を変えようとする人がいます。
適切な化粧品に変えるのは効果がある場合もありますが、それ以前に生活習慣に問題がないかを見直さないと、どんなに高価な化粧品を使っても肌質が改善されないという悲しい結果を招いてしまうのです。

よく聞く「真皮」、この真皮の役目とはなんだ?

皮膚は、肌の一番外側にある表皮層とその奥にある真皮層、さらにその下の皮下組織に分かれています。
表皮層にもさらに四つの層があるなど、薄いながらも複数の層が重なって出来ているのが皮膚なのです。
中でも、真皮層は肌の弾力やハリを保つ役目を果たしています。
表皮層が外敵の侵入を防ぐバリア機能を果たしているのに対して、真皮層では肌のターンオーバーに必要な細胞の発生やクッション機能があるのです。

 

コラーゲンやヒアルロン酸など、肌を強力に保水する成分も、真皮層に存在しています。
これらの成分は年齢と共に減少してしまいますが、外部から補うことは可能です。
肌がカサカサするようになった、ハリがなくなったと感じてきたら、コラーゲンやヒアルロン酸の食品や化粧品を取り入れてみるとよいでしょう。
真皮層は身体内部から栄養を受け取る場所でもあり、細胞が生まれ変わっていることから、細胞が傷つけられると大きなダメージにつながってしまいます。
真皮層には、汗腺も存在しています。
免疫機能や炎症に関係する組織もあり、非常に複雑な構造をしているのが特徴です。

 

シミやニキビに悩んでいる人は、深刻な肌トラブルは真皮層で生まれると思いがちです。
しかし、シミの原因となるメラニンを生み出す組織は表皮層にあり、ニキビの発生や進行も表皮層で行われています。
ただ、健康な肌を保つためには、真皮層でいかに正常な活動が行われているかどうかが、深く関係しているのです。

肌タイプが違えばニキビにも関係する?

肌タイプには、様々な種類があります。
単純に、普通肌、乾燥肌、脂性肌、敏感肌くらいはほとんどの人が知っているのではないでしょうか。
普通肌とは、健康的な肌状態を保っている肌タイプを指します。
モイスチュアバランスがよく、理想的な肌と誰もが願う肌タイプです。
肌にうるおいや弾力があり、きめ細かく、女性ならメイクノリが良いという利点があります。

 

これに対して、乾燥肌や脂性肌はトラブルを招きやすい肌タイプです。
脂性肌はニキビ肌やオイリー肌とも呼ばれ、皮脂の分泌が過剰になっていることから毛穴が開き切って肌表面がベタベタしています。
毛穴に詰まった皮脂が飛び出て、炎症したニキビに覆われてしまっていることもあります。
脂性肌の原因は過剰な皮脂ですが、皮脂の過剰分泌を生むのは酷い乾燥や毛穴の詰まりだったりもします。
つまり、普通肌以外の肌タイプは、ニキビを発生させる要素があるということです。
過剰な皮脂分泌は、ホルモンバランスの乱れからくるのがほとんどですが、乾燥肌は紫外線などの外敵に負けてしまっている状態でもあります。
肌の保水機能も弱くなっているため、容易に外敵に侵入されてしまうのです。

 

やはり生活習慣からくるホルモンバランスの乱れが大きく影響しているので、オイリー肌タイプに限らず生活習慣を乱すような態度は改めるようにするのが、ニキビの予防と改善には必須です。
肌が乾燥しているからと油断せず、普通肌タイプの健康肌を目指しましょう。

 


↑メルラインの公式サイトはこちら↑

更新履歴